塗装に関して

お住まいの住宅(一戸建て、マンション)に問わず、外壁、屋根などは、年数がたつと、どうしても汚れてきたり、塗装の劣化で、いろいろな問題がおきてくると思います。
どんな住宅であっても、やはり外壁塗装が必要になってきますね。。

外壁、屋根を触った時に、手に白い粉がつくという状態になった場合、外壁の塗装が劣化している証拠です。。
そのままにしておくと、雨漏りの原因になったり、壁の膨れ、めくれによって、修理しおうと思うと、高額なお金がかかってしまう事も。。
そう考えると、定期的なメンテナンスをして、外壁を良い状態に保つのは非常に大事です。。

目安として、鉄部に関しては5~6年、外壁は10年、屋根も同じような間隔でメンテナンスをするのがベストです。  まぁ、新築の状態、当然ながら日、風の当たり具合によって随分と変わってくるのですが、目安としては、そんな感じです。
屋根に関しては、新築の状態が良ければ、もう少し長持ちする場合もあるのですが、外壁塗装を行う時に足場を組むという事を考えると、屋根、壁を同時に施工するのが、足場の価格を考えるとベストかもしれません。
別々に塗装を考えると、足場の代金がその都度かかるので、この方法がベストという事です。。

外壁塗装、屋根塗装(カラーベストの場合)で、もっとも重要なのは、やはり下地処理かもしれません。 この下地処理に関しては、塗料をいくら高価な商品を使ったとしても、下地の処理の仕方で、それも台無しになってしまうからです。

どうしても、塗料を選ぶのが大事と思われがちですが、下地をきっちり処理しないと、もともこもないです。 

塗装工事をする時の下地処理といいますと、洗浄が一番 最初に行う事になります。
高圧洗浄機で塗装面を洗うという事です。

先ほど書きましたように、塗膜の劣化によって、今までの塗装が劣化して粉状になっていますが、その部分を綺麗に洗い流すという事になります。 これをしっかりしないと、次の下地調整の材料の密着に問題が出てきます。

その次の下地処理は、クラックなどの処理という事になるかもしれません。
相当な膜厚の付く塗料を使わない限り、クラックを埋めるという事はできません。 その為に、まずはコーキングによって、クラックを埋める作業を行います。

サイディングの壁の場合は、コーキングが劣化しているのは普通です。 そこまで酷い劣化でない場合は、コーキングの補修ですむという事もあるのですが、多くの場合、コーキングの打替えを必要とします。  サイディングの場合は、もっとも重要な部分は、このコーキングです。
新築工事の時は、ずでに塗装されているサイディングを貼り付けていき、最後のコーキングを行います。 ですので、コーキング部分は塗装されていない事になります。  だから新築から1回目の塗装の時のコーキングは劣化が激しいという事になるんです。
外壁塗装工事を行ったコーキング部分は、コーキングに塗装がプラスされるので、新築時よりは、長持ちすると考えていいです。

外壁塗装、屋根塗装は、今まで書きましたように、専門的な知識をしっかりと持った方が施工しないと難しい部分もあります。  それに、いくら良い材料を使っても、しっかりと施工しないとダメという事もあります。 そう考えると信頼できる塗装業者に塗装をお願いするのが重要という事になってきますよね。。

神戸市 塗装業者 今井塗装